シャンプー剤の選び方のあれこれ 

シャンプー剤の選び方のあれこれ 

2022年9月24日
育毛

最近は多種多様なシャンプー剤が

販売されていますが 

様々なキャッチフレーズを 

目にしていませんか

『髪の芯までしっとり潤う』

『ダメージ補修成分がたっぷり』

『オーガニック成分でしなやかに』

などなど 

“そうそう!これ!そうなりたい‼︎”

と思う方が多いですよね? 

なぜなら…

世の中の市場を調査するマーケッターや 

ライターさんがお悩みの需要が多いキャッチ 

フレーズを並べているから! 

ですが市販のシャンプーの主要成分は 

ほとんど変わっていません。 

一度確認してみると分かりますよ! 

メーカーの売り文句はさておき

シャンプー選びにはまず 

洗浄成分が何か? 

で選びましょう。  

1安価で洗浄力の強い高級アルコール系 

ドラックストアなどで安く売られているシャンプー剤のほとんどが

この種類です。

合成界面活性剤

刺激が強く、保湿力は弱いので要注意。

洗浄料がとても高く、頭皮の皮脂を根こそぎ落としてしまいます。

成分表に

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリルベンゼンスルホン酸Na
  • オレフィンスルホン酸Na

などの表記があれば高級アルコール系です。 

2 「せっけん系シャンプー」は体と環境に優しいが使いづらさも

余計な成分が少ないので頭皮に優しいシャンプーです。

ただし皮脂を除去する力が強いので

洗い上がりの髪の髪の毛はゴワゴワしますし

頭皮も乾燥しがちです。

せっけん系シャンプーを使う場合には

摩擦を中和するリンスやトリートメントが不可欠になりますし

保湿のローションなどは必ずつけて欲しいです。

成分表には

  • ラウレスーカルボン酸Na
  • ラウレスー酢酸Na
  • オレイン酸Na

などの表記 

3保湿力があり頭皮にも優しい「アミノ酸系シャンプー』

アミノ酸とは

タンパク質を構成してい流シャンプーです。

髪や頭皮とのなじみがよく

しっとりとした洗い上がりになります。

洗浄成分はやや弱めですが

シャンプーの方法を間違わなければ

余分な皮脂や汚れはちゃんと落としてくれます。

育毛のスッペシャリストの私がオススメしたいのはアミノ酸系のシャンプーです。

  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルタウリンNa

などといった成分の表示があればアミノ酸系です。  

ただし高級アルコールシャンプーに少しだけアミノ酸成分を入れて

アミノ酸系を歌っているものもありますので注意も必要です。 

今回は少しマニアックなブログになりますが

成分という細かい視点を持つことで

安易なキャッチフレーズに惑わされないかも

しれません。

そして私たちプロに聞くのも大正解です!

ぜひご相談ください。

友だち追加