お金の捉え方

 お金の捉え方

ひとりごと

良い捉え方だよね。 

と思ってシェア。 

長野の山の上のパン屋さ

わざわざ のメルマガからの 

お金は使うものではなく渡すもの

金は天下の回りものとはよく言ったもので、お金は使ってなくなるものでは決してありません。お金の保管場所が移動していく、循環のしくみでできています。欲しいものを知っている店で買うと、ものと交換したお金はその店に一時的に渡り、お店はそのお金でものを仕入れ、お金は仕入れた先に移動していきます。一見、単純なことですが、移動した店や会社がどんなスタンスで営まれているかを知ってから購買行動を行うと、その後の使い方をコントールすることもできるのです。これが買い物は投資行動だと言われる所以です。 

例えば、お気に入りのブランド品のバッグを購入したいと思っています。できるだけ安く買うということを目的にして、並行輸入品をネットで探して手に入れたとします。その買い物にはバッグという価値しか存在しません。あなたの手に入れたものは、バッグそのものだけなのです。ブランドのトレーサビリティは無視されて、本来の流通経路で利益を得るべき人たちは全てスルーされていきます。

もし、お気に入りの店で欲しかったバッグを購入したとしたら。少し余計にお金を払うことになったかもしれませんが、お気に入りの店で働く人たちの給料をあなたが出して、お気に入りの店の存続を助けます。もし、同じ店で他の商品を買い続ける行動を取ったならば、それがコミュニケーションとなって幾重にも重なり、あなたという人はその店で信頼を得ていくのです。いくつかのものと一緒に信頼も得ることができるのです。

渡した先に何が起こっているのか想像しよう

お気に入りの店がどんなことを考えて行動しているか?も大切です。夫婦で営む小さな食堂に通えば、その夫婦の暮らしを助けることができるでしょう。もし大きな店でたくさんの従業員が働いていたらその人たちの生活を助けていくことができます。それなりの企業が運営している店ならば、Webサイトで企業の運営方針を確認することも大切です。社会活動に力を入れているか?ブラックな雇用をしていないか?トップの発言は適切か?たくさんのメッセージを受け取ってものを購入すると、より良い社会に投資できる可能性を秘めています。

コロナという世界的な困難に対して、お金の使い方がまた問われてきていると感じています。欲しいものを手に入れるだけでない、付加価値の高いお金の使い方をしてみましょう。近隣の大好きな飲食店は困っていませんか?一人で行ってサッと食べに行ってみるのはどうでしょうか?大切なことは何を残したいかを頭の先っちょに置いて行動することです。

わざわざでは2020年度末、全てのスタッフに少しではありますが、月5,000円の外食補助金を福利厚生として出す試みを実施しました。2人以下で行くルールで、近隣の飲食店にランチを食べに行ってもらうことでリフレッシュして仕事に取り組んでもらえたらという考えからです。

全ては捉え方ですね 

もっと詳しくは…

わざわざHP

https://waza2.com/

こちらからチェックできます! 

面白いお店です。